印鑑の書体

印鑑は素材だけでなく、印面に彫り上げる書体にもいくつか種類があります。

「篆書体(てんしょたい)」は日本のお札に捺されている印鑑の書体で、日本最古の印鑑と言われる「漢委奴国王」の金印にも使われている書体です。

現代文字とは形状が異なる文字がありますが、可読性が低く、印鑑を使う用途によっては使いにくいこともありますが、偽造しにくい書体であるため実印や銀行印には適した書体です。

この篆書体をベースに中心から外へ向かって強い流れの線が特徴の「吉相体(きっそうたい)」も可読性が低く実印向きの書体です。上下左右斜めと八方に末広がる事がら「八方篆書」とも呼ばれます。「太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)」も、篆書体を細目に仕上げ、枠を太く作成し、通常の篆書体と比べると軽やかな感じの仕上がりになり、女性に人気のある書体です。

可読性が高く、認印としての使用に向いている書体には、「隷書体(れいしょたい)」「古印体(こいんたい)」があり、隷書体はお札に書かれている日本銀行券や壱万円の書体の文字です。

古印体は日本漢字を基に、印章用に進化した書体です。

このように、印鑑の書体は印面の書体を変え、使用する目的によっては書体の可読性を考えて作ることが大切です。

合わせて読む:印鑑の素材